よくあるご質問

  • home
  • よくあるご質問

技能検定について

  • 試験について詳細を教えてください。

    受検申請方法や試験の内容、技能士についてQ&Aを公開しています。
    詳しくは、試験概要をご覧下さい。

  • 技能検定の趣旨を教えてください。

    技能検定制度は、労働者の有する技能の程度を検定し、これを公証する国家検定制度であり、労働者の技能と地位の向上を図ることを目的に、職業能力開発促進法に基づき行われています。

  • 「指定試験機関」制度について教えてください。

    技能検定試験は、国が定めた実施計画に従い、都道府県知事が実施することになっていますが、平成13年10月1日の改正職業能力開発促進法等の施行により、「指定試験機関」制度を創設し、都道府県知事が実施していない職種の技能検定試験の業務を「指定試験機関」が実施できることになりました。

    一般社団法人日本フィットネス産業協会は、指定試験機関として、フィットネスクラブ・マネジメント技能検定試験を実施しています。

  • 技能検定「フィットネスクラブ・マネジメント」とはどのようなことを行う職種ですか?

    フィットネスクラブの運営業務クラブ・マネジメントに携わる職種のことです。
    等級区分は、
    1級…クラブ経営ができる(支配人/店長など)
    2級…品質管理を行いオペレーションの統括ができる(副支配人、マネジャー、リーダーなど)
    3級…顧客とコミュニケーションをとり、日常的な運営実務ができる(スタッフなど)
    となります。

  • 技能検定「フィットネスクラブ・マネジメント」を実施する趣旨を教えてください。

    企業の成長と従事者のキャリアアップ相互の成長プロセスにおいて派生する課題解決を図り、フィットネス産業全体の成長性を高める環整備を図っていくことは、業界団体として本来の重要なミッションであると捉え、当協会が取り組むべきことであると考えています。

  • 技能士(技能検定合格者)でないとフィットネスクラブ運営関連業に従事ができなくなるのですか?

    技能検定は、業務独占資格ではなく、合格者でなければ「技能士」と名乗ることは出来ない名称独占資格です。
    技能検定の目的は、あくまで労働者の技能を公証するものです。
    (職業能力開発促進法第50条第1項及び4項)

検定の内容について

  • 試験内容について教えて下さい。

    各級とも学科試験と実技試験により実施されます。試験日程などの詳細な内容については、「受検案内」ページをご確認下さい。詳しくは、こちらのページをご覧下さい。

  • 【実務経験について】受検資格のうち、実務経験とはどのようなものですか?

    実務経験とはフィットネス産業において業務に携わった経験を指します。フィットネス産業とは、「プール、トレーニングジム、スタジオなどの運動施設を有し、利用者に提供する事業所(公共施設でも可)」とします。また、フィットネス産業における業務であれば職種は問いません。

  • 【実務経験について】受検資格のうち、実務経験年数はどのように算出するのですか?

    「実務経験の年数」とは、その期間に連続してその業務に携わっていなくても、継続あるいは通算した通算雇用期間(パート、アルバイト等の期間を含む)が必要としている年数以上であれば、条件に該当します。また、2級についてはインターンシップの期間を算入することができます。

  • 公式テキストはありますか?

    フィットネスクラブマネジメント公式テキストを以下でご紹介しております。
    詳しくは、こちらのページをご覧下さい。

協会について

  • 個人情報の取扱いについて教えてください。

    協会はプライバシーおよび個人情報保護の重要性と社会性を強く認識し、個人情報保護方針を定め、個人情報の適正管理に努めます。詳しくは、こちらのページをご覧下さい。

↑